PROFILE

  • シンガーソングライター、歌手、作曲家
  • 本 名 : 片山 圭司|KEIJI KATAYAMA
  • 出身地 : 大阪府
  • 日本音楽著作権協会 正会員

’84年、ポリスターからソロアルバム「ODESSA FILE」でメジャーデビュー。この時のサポートメンバーにB’zの松本 孝弘らがいる。

’86年、BLUEW(ブルー)を結成~東芝EMIから4枚のシングル、4枚のアルバムを発表。「夜のヒットスタジオ」等にも出演。この頃より浜田 麻里TUBE 前田 亘輝(ソロアルバム)等有名アーティストに楽曲提供。アニメ声優の山口 勝平のオリジナルアルバムのプロデュース等も手がける。 またBLUEW時代の楽曲「LINDA(リンダ)」片山 圭司 作詞・作曲が、香港四天王・張学友によりカバーされ、中国・香港・東南アジアで大ヒットする。その後、TUBE 前田に提供した「一路上有弥」~日本タイトル「泣けない君へのラブソング」も同じく張学友にカバーされ大ヒット。
現在も現地で絶大な人気を誇る国民的楽曲として、若手アーティストの飛輪海や周杰倫らによって再びカバーし続けられている。

’90年より、コカ・コーラ、トヨタ等のCMソングやアニメソングに数多くヴォーカリストとして参加。ヘアミストのCM「泣かないで枝毛」は各方面で評判となる。千葉ロッテマリーンズの球団応援歌「ウイラブマリーンズ」の歌唱もこの当時の作品である。

’94年、広瀬 さとし(44マグナム)、山下 昌良(ラウドネス)、エリック・ゼイの3人とSPAED(スペイド)結成。日本コロムビアから、2枚のシングル、3枚のアルバムを発表。

’99年、全ての世代への”歌”の指導と、後進の育成・プロデュースにも力を入れるべく、カタヤマケイジ ヴォーカルスクール「VOICEMAN」を開講。豊富なメジャー経験を元に独自の理論を創り上げ、歌はもとより作詞、作曲等総合的なレッスンを行っている。また積極的に生徒たちに発表の場を設け、次代を担う才能を各方面に送り出している。

2003年、日本文化振興会/社会文化功労賞最終選考ノミネート。

2004年、カタヤマスピリッツ!結成。ティアラこうとう(江東区江東公会堂/東京都江東区)にて、江東区の協力事業として定期的にコンサートを行う傍ら、広くバンドマン育成のためのプロアマ混合のセッションイベントもティアラこうとうにて定期的に主催している。

2007年より、東京工学院専門学校ミュージック科ヴォーカル講師、日本橋三越カルチャーサロン講師。

2008年、カシオペア 鳴瀬喜博ソロアコースティックユニットにゲストヴォーカル参加。

2009年、ブルースターミュージックジャパンよりBLUEW時代の「リンダ」を含むマキシシングル発表。

2011年、公益財団法人 江東区文化コミュニティ財団にて「ヴォイストレーニング&J-POPの名曲を歌おう!」講座を開設。

2013年、カタヤマケイジ・ソロコンサートをティアラこうとう(江東区江東公会堂/東京都江東区)にてスタート。アーティストとしての更なる歌の世界を広げている。

2016年、2017年、2018年、江東シーサイドマラソン開会式にて国家独唱。

2019年、メジャーデビュー35周年コンサート(於)豊洲シビックセンターホール

2020年、八代 亜紀 50周年記念シングル「ワタシウタ」作詞・作曲・編曲。

関連外部リンク

カタヤマケイジの写真
ミッドナイトTOKYO // カタヤマケイジ - LIVE&リリース情報
  1. ミッドナイトTOKYO // カタヤマケイジ - LIVE&リリース情報